★ CDシリーズ の Quad Cross 制作全4話ご試聴コンテンツ解放実施中★
Blossombury-CopyrightW-light120H

うさぎさん手袋

Quad Cross header-lirra-title2014

『うさぎさん手袋』

ブロッサムベリー祭の2日目

文:大沢響


こんにちは。流唄リラです。

今日も、先々週にあったブロッサムベリー祭のことをお話します。

 

2日目からはブロッサムベリー祭も本祭。前夜祭は、いちおう学校内での行事だったから、そうでもなかったけれど。この日からは凄い人出。広場がこんなに沢山の人で埋まっているのを見るのは、ほんとうに久しぶり。ブロッサムベリーはヨーロッパ風の建物や石畳が多いから、この前、お仕事で行ったパリの週末のマルシェみたい。

 クッキーとかビスケットとか、色んな、いい匂いがする…。

学園内にある孤児院の子どもたちも、世界中から集まる援助の品物とか手作りの小物でバザーしてる。あ、援助って言ってもブロッサムベリー修道会はネットワークが世界規模で凄いから、充分に良いものとかセンスが良いが多いの。みんな声をそろえて「いらっしゃいませ」って言ってて、かわいかった。手編みのうさぎの手袋がとっても素敵で、思わず立ち止まって買おうか悩んじゃった。けど、わたし、よく考えたら手袋はたくさん持ってるの。

誕生日やクリスマスの時、なぜかいつも、もらうのが手袋とか靴下だった。まえに、ステラに聞いてみたら、「モデルに食べ物はダメかなぁって考えたら、思考が芋づる式に、そうだ、モデルだから手足を冷やさないようにしなきゃ、って繋がったのよ。腰もって思ったけど、さ〜すがに毛糸の下着だとプライバシーに深入りしすぎかなぁ〜とかねぇ。」って真顔で言われて。まぁステラはステラなりに色々考えてくれてたみたい。ちょと脱線しちゃったけど、それでわたし、色んな人からもらった手袋、ぜんぶ大切に持っているんです。

結局、うさぎの手袋とはさよなら。……ごめんね、うさぎさん。私は大丈夫だから、あなたは他の人の手を温めてあげてね。けどそんなには心配してないだろうな。うん。

その日は、お手伝いを頼まれてたから、そんなにお店は見て回らなかったの。

今年はワッフル屋さんの売り子。

ワッフルを型で作るのは知ってるけど、毎度、見る度に感動しちゃう。専用の型でばちんって挟んで、しばらくして開けると、ちゃんとあの格子模様の形になってるの。

私の仕事は、香ばしく焼けたワッフルに、注文通りのトッピングをかけて、お客様に手渡すこと。レジ係は、お金を扱うから衛生上の理由で、お仕事は分担してるの。

ホカホカのワッフルに、ブルーベリージャムやチョコレートをかけたり、ブロッサムベリー名物のバニラ・ミルクのアイスクリームを乗せたり…。みんなが色々なトッピングを頼むから、間違えないようにするのが大変だった。

でも、忙しかったから、

眠くならかったな。

午前中のミサでたっぷり寝ちゃったから、っていうのもあるけど……。

そうそう。昼過ぎに、サシャが来て、「リラさんスペシャル!トッピング全部乗せで、お願いします!」って頼んだの。

 トッピング全種類!?乗るかなあ?

って思ったけど、私もちょっとやってみたくなって、頑張っちゃった。

そしたら、後ろの人たちも次々に、同じのお願いします、って。気が付いたらすごい列ができてて、ええ~っどうしよう、って慌てながら作ったの。

でもあれ、ワッフルっていうよりも大盛りのパフェみたいになってたけど、みんな、どうやって食べたのかな。スプーン無いのよ。

そうしているうちに、

あっという間に空が暗くなって、

お手伝いの時間はおしまい。

ブロッサムベリーの冬は、ほんとうに日が短いの。それにすごく寒いの。お礼にワッフルをひとついただいて、食べていたら、もうコンサートが始まる時間。

ブロッサムベリーでは毎年、祭りの夜にチャペルで演奏会が行われるの。特に第2部の合唱は、ちょっと有名になってるみたい。だから満席。

第1部はまだ余裕があるから、わたしもちゃんと座れた。よかったぁ。

ガブリエルさんがオルガンを弾いていたの。いつも思うけど、演奏しているときの顔、まるで別人みたい。ちょっと……みとれちゃったかも。

ティラは、ガブリエルさんがかっこいいと、ちょっと不満そう。もう少し素直になってもいいのに。

サシャは昨夜も遅くまで、絵の描くの頑張ってたみたいで、ちょっと舟漕いでた。わたしも人のこと言えないけど…。いつもわたしが寝ちゃうから、

人が寝てるのを見るのは新鮮かも。

 

2日目(外からのお客さまにとっては初日ね)は、こんな風にして、終わりました。

明日はもう最終日。あぁでも、やっぱりブロッサムベリー祭はいいな。明日も楽しみ。

みなさんにも、楽しさが伝わっていますように。

 

流唄リラでした。

それではまた明日。おやすみなさい。